誰もいない線路と桜並木 春の蹴上インクライン

誰もいない線路と桜並木 春の蹴上インクライン

京都市左京区の南禅寺近くにある蹴上インクラインの桜です。

蹴上インクラインは以前、船を運ぶために造られた傾斜鉄道です。
もちろん今は使われておらず、形態が残されて観光地となっています。

ここは京都の桜の人気名所であり、桜の時期は人でいっぱいになります。
ただ、夜明けごろは人はいません。
少し明るくなってきましたが、まだ日は昇っていません。
だれもいない線路と桜並木を見られました。

2016年4月4日訪問、撮影です。


蹴上インクライン(けあげいんくらいん)の説明・見所・アクセスなど


広告



南禅寺前の参道の橋の上からの眺めです。まだ暗いです。
南禅寺前参道の橋の上から眺めた蹴上インクラインの桜

線路に下りての眺めです。
雨に濡れた線路と華やかな桜並木が続きます。
雨に濡れた線路と続く華やかな桜並木

上も下も春色に彩られた蹴上インクラインです。
上も下も春色に彩られた蹴上インクライン

華やかな散り桜も綺麗です。
綺麗な華やかな散り桜

春の蹴上インクラインの線路と桜を独り占めです。
線路と桜を独り占めの春の蹴上インクライン

満開の桜につつまれた線路が続きます。
Kyoto Keage-Incline cherry blossoms

淡い桜と上品な散り桜が独特の風景を演出します。
独特の風景を演出する淡い桜と上品な散り桜

少し明るくなりました。残された船も桜に彩られます。
桜に彩られた残された船

線路の上を優雅に桜が咲き誇ります。
線路の上を優雅に咲き誇る桜

琵琶湖疏水記念館と桜です。
蹴上インクラインの素晴らしい桜と情景に感謝です。
蹴上インクラインと琵琶湖疏水記念館の素晴らしい桜と情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です