上御霊神社 イチハツ 応仁の乱勃発地の美しい菖蒲

上御霊神社 イチハツ 応仁の乱勃発地の美しい菖蒲

京都市上京区上御霊竪町にある上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)(御霊神社)の一初(イチハツ)です。

一初(イチハツ)は早咲きの菖蒲(アヤメ)です。
アヤメの中で一番最初に咲くため、一初(イチハツ)と呼ばれるそうです。
例年は5月初旬に咲きますが、今年は春の花が早いためイチハツも既に咲いています。
境内や外堀のようなところで鮮やかで妖艶な紫色の花が楽しめます。

また、拝殿では御霊祭で使われる煌びやかな御神輿も一緒に見られました。

上御霊神社は本来「御霊神社(ごりょうじんじゃ)」と言いますが、
京都市中京区にある下御霊神社との区別で上御霊神社と呼ばれます。
また、表記は正式には「御靈神社」と書くようです。

なお、上御霊神社は応仁の乱の勃発地して知られています。

2016年4月27日訪問、撮影です。


上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)(御霊神社)の説明・見所・アクセスなど


広告



新緑につつまれた石の鳥居です。
上御霊神社の新緑につつまれた石の鳥居

上御霊神社の説明

立派に構える楼門です。
上御霊神社の立派に構える楼門

雄大な造りの拝殿です。
上御霊神社の雄大な造りの拝殿

御霊祭で使われる御神輿が飾られてあります。
せっかくなので一緒に拝見させていただきました。
上御霊神社の拝殿に飾られる御霊祭で使われる御神輿

厳かな雰囲気が漂います。
上御霊神社は応仁の乱の勃発地として知られます。
その先入観がある為かも知れませんがいつも何か感じます。
応仁の乱の勃発地として知られる上御霊神社の御霊祭の御神輿

煌びやかで豪華な装飾です。
上御霊神社のお神輿の煌びやかで豪華な装飾

綺麗な鳥さんがいます。
上御霊神社の御神輿の綺麗な鳥

何と呼ぶのか分りませんが文様の華やかな飾りがついています。
上御霊神社の御霊祭のお神輿の文様の華やかな飾り

ピカピカの鈴がたくさんついています。
上御霊神社のお神輿のピカピカの鈴

ここにも小さい鳥さんがいます。非常に繊細な造りです。
非常に繊細な造りの上御霊神社の御神輿

凛として構える本殿です。
凛として構える上御霊神社の本殿

「ここで京都の兵火がはじまりました。美しくも奥深い花がそれを知っているようです。」
(↑「そうだ京都、行こう」風に…)

境内のイチハツです。
Kyoto Kamigoryo-jinja shrine iris

イチハツ(一初)はアヤメの中で一番早く咲くため、一初(イチハツ)と言うそうです。
アヤメの中で一番早く咲くためイチハツと呼ばれる一初

緑に映える美しい紫の花です。
上御霊神社の緑に映える美しい紫のイチハツの花

鮮やかで妖艶な色合いをしています。
鮮やかで妖艶な色合いの花をしている上御霊神社のイチハツ

境内周りのイチハツです。外堀のようになっています。ここにたくさんイチハツが咲いています。
上御霊神社の境内周りの外堀のようなところの一初(イチハツ)

華やかですが落ち着いた雰囲気です。
華やかも落ち着いた雰囲気の上御霊神社のイチハツ

満開、見ごろをむかえています。
高画質 写真 上御霊神社 イチハツ

緑の中で優雅に揺らめきます。
緑の中で優雅に揺らめくイチハツの花

もみじやツツジも一緒に植えられてあります。
一緒に植えられている上御霊神社のもみじと一初(いちはつ)

白いツツジの花の中に咲く紫のイチハツの花です。見事な色合いです。
上御霊神社の白いツツジの花の中に咲く紫のイチハツの花

鮮やかなピンクや赤のツツジの花と華やかな薄紫のイチハツの花です。
上御霊神社の鮮やかなピンクや赤のツツジの花と華やかな薄紫のイチハツの花

真上から見るとまた違った雰囲気がします。
真上から見るとまた違った雰囲気がするイチハツの花

上御霊神社の素晴らしい一初(イチハツ)と春の情景に感謝です。
上御霊神社の素晴らしい一初(イチハツ)と春の情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です