日本海とリアス式海岸の絶景 丹後半島の蒲入


日本海とリアス式海岸の絶景 丹後半島の蒲入

京都府与謝郡伊根町蒲入(かまにゅう)にあるカマヤ海岸です。

丹後半島北東のカマヤ海岸では、入り組んだリアス式海岸と日本海の絶景が楽しめます。
「蒲入展望所」や「蒲入ロードパーク(カマヤ海岸展望所)」付近が名所となっており、
また展望所が設けられていますが、海岸線を歩けばずっと美しい景色が続きます。
天気の良い日には、青い空と青い海の想像以上の素晴らしい景色が見られます。

写真が多くなるため、記事を以下①②に分けました。
「蒲入展望所」付近
②「蒲入ロードパーク(カマヤ海岸展望所)」付近
こちらは②の「蒲入ロードパーク(カマヤ海岸展望所)」付近の記事です。
(どちらの地域を対象にしているかではなく、どちらの地域から眺めた景色かの分類です。)

蒲入ロードパーク(カマヤ海岸展望所)や蒲入展望所へは、丹後海陸交通バス(通称:丹海バス)の
「伊根線・蒲入線・経ヶ岬線」の「顎越(あごえ)」バス停が最寄です。

「カマヤ海岸」バス停も近いですが、それぞれの展望所より少し北側になります。
しかし、「カマヤ海岸」バス停から蒲入ロードパーク(カマヤ海岸展望所)へ続く海岸線が非常に美しいです。
そのため、「カマヤ海岸」バス停で降りて、南に向かって
蒲入ロードパーク(カマヤ海岸展望所)まで歩くのも良いと思います。
むしろ時間が許せばその方が良いと思います。
ただし、車も通るので、車に気をつけて歩いたり、写真を撮ったりしましょう。

2017年8月24日訪問、撮影です。

広告



蒲入ロードパーク(カマヤ海岸展望所)です。
丹海バスの「顎越(あごえ)」バス停と「カマヤ海岸」バス停の間にあります。南側の「顎越」寄りです。
蒲入ロードパーク

蒲入(かまにゅう)地区の説明

日本海に面した蒲入地区のカマヤ海岸が一望できます。
ただし、蒲入ロードパークは車を数台止められるのみです。
屋根もトイレもありませんし、自販機などもありません。
ただ、ベンチなどはあるので休憩することはできます。
カマヤ海岸展望所

南側の甲崎(さるざき)と日本海です。
甲崎(さるざき)と日本海

波に削られた険しい岩場です。
カマヤ海岸の険しい岩場

美しすぎる丹後の海です。
美しすぎる丹後の海

日本海の綺麗な海水

透きとおる綺麗な海です。
カマヤ海岸の透きとおる海

入り組んだリアス式海岸になっています。
入り組んだリアス式海岸のカマヤ海岸

青い海と険しい海岸の絶景です。
The beautiful Kamaya-kaigan Coast of the Tango-hanto Peninsula in Kyoto

少しずつ北(経ヶ岬方面)へ進みます。
見事な青空と日本海が開けています。
見事な青空と日本海

崖や山に囲まれて少し湾のようになっています。
湾のようになっているカマヤ海岸

底が透けて見えています。美しすぎる青い海です。
透きとおる青い海

見事な色合いの海です。京都にもまだまだ美しい場所がいっぱいあります。
丹後半島の美しすぎる海

海水が透きとおり岩が見えています。
岩が透けて見える綺麗な海

険しい岬と穏やかで美しい海です。
Superb view of the sea in Kamanu district of Kyoto

緑と岩に囲まれた美しい青い空間です。
緑と岩に囲まれた青い空間

さらに北上します。海の京都の絶景はまだまだ続きます。
海の京都の絶景

南方面には遠くに海と島が見えています。蒲入展望所も見えています。
遠くに見える南の海と島

見事なコバルトブルーの日本海です。
コバルトブルーの日本海

長い年月をかけて削られた険しい岩場と綺麗な海です。
削られた岩場と海

豪快な甲崎(さるざき)と穏やかな日本海です。極上の海の景色です。
極上の海の景色

どこまでも広がっていきそうな青い空と日本海を見ながらさらに北上していきます。
何処までも広がる日本海と青空

手前の崖が少し見えるところに来ました。
眼下の崖と日本海

眼下に広がる日本海を見ながらまた北上します。
穏やかな青い日本海

崖が少なくなり、少し穏やかな感じの場所に着きました。視界も開けています。
広がる青い空とカマヤ海岸

一文字の細長い岩が見えます。名前は何かついているのでしょうか。不思議な岩、不思議な光景です。
カマヤ海岸の細長い岩と海

長い年月をかけて地球が創った岩の作品です。
地球が創った岩の作品

見事な青色の海と一文字の岩です。
見事な青色と一文字の岩

大きな岩がゴロゴロしています。
なぜこのようなことになるのか、不思議です。これも地球の力でしょう。
ゴロゴロした岩と美しい海

極上の海の景色です。
岩と海の極上の景色

岩と海の絶景です。岩場にもしっかり木が生えています。
ちなみに車は通りますが、この日は人とすれ違うことはありませんでした。
丹後半島の蒲入の絶景

南側を見ると甲崎(さるざき)が見えます。甲崎もだいぶ小さく見える場所まで来ました。
甲崎(さるざき)と丹後の海

海が青いから空が青いのか、空が青いから海が青いのか、そんなことを考えたくなる青い世界です。
空と海の青い世界

さらに北上します。一文字の細長い岩が少し南に見えています。丹後半島の絶品の景色です。
丹後半島の青い海と青空の絶品の景色

カマヤ海岸の青い海と一文字の岩です。白い砂浜も見えています。
実際遠くて砂なのか石なのかは分りません。ただ、白色が良いアクセントになっています。
カマヤ海岸の岩と白い砂浜

一生もんの絶景がたくさん見られました。
カマヤ海岸と日本海のの素晴らしすぎる情景に感謝、感謝です。
一生もののカマヤ海岸の素晴らしい景色


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です