犬ヶ岬 京丹後の美しい海と自然と岬の絶景

犬ヶ岬 京丹後の美しい海と自然と岬の絶景

犬ヶ岬(いぬがさき)は、京都府京丹後市の丹後町筆石(ふでし)から丹後町此代(のしろ)にかけてある岬です。

犬ヶ岬は犬が寝ているように見えることからこの名がついたとされる説が強いですが、実際はよく分かりません。
犬と思えば犬に見えますし、猫と思えば猫にも見えそうです。

それはさておき、犬ヶ岬はかなり遠くからでも見え、綺麗な海や田んぼとあいまって見事な景色を見せてくれます。
さらに東にある丹後松島の見える場所として知られますが、この犬ヶ岬自体も素晴らしい景色が見られます。

海岸まで道が続いているそうですが、今日は時間がなかったので海岸までは行かず、
遠目からの景色や付近の崖を撮りました。

2016年8月11日訪問、撮影です。

広告



犬ヶ岬はかなり出っ張っているので西からでも東からでも結構遠くから見えます。
その為、どこが最寄というのが無く、いろんな場所から景色を楽しめます。

しいて言えば、犬ヶ岬のやや東よりに「犬ヶ岬園地」という場所があり広場みたいになっています。
また、その付近から犬ヶ岬の海岸へ行くこともできます。
この「犬ヶ岬園地」および付近へは「丹後海陸交通バス」(通称「丹海バス」)の
「海岸線」または「丹後峰山線」の「此代(のしろ)」バス停が最寄です。
ちなみに「ぐるっと丹後周遊バス」(通称「ぐるたんバス」)はこの付近には止まりません。

景色が良い為、時間があれば、あるいは歩く時間も予定に入れて歩くのも有りだと思います。
ただし、道や歩道が狭くなっている場所もある為、車には十分注意しましょう。

ちなみに自分は立岩付近(丹後町竹野)から東へずっと歩きましたが、時おり思わぬ絶景に出会えました。

屏風岩の手前(西)あたりから犬ヶ岬が見えてきます。
京丹後の屏風岩の辺りから眺める犬ヶ岬と田園

見事な青い海と犬ヶ岬です。
犬と言われれば何となく犬に見えてきました。
耳の垂れた犬が海の方を向いている感じがします。
さっきは適当に猫と言ってしまいましたが猫ではなさそうです。
京丹後の見事な青い海と耳の垂れた犬のように見える犬ヶ岬

岩や岸壁にコバルトブルーの綺麗な海が良く合います。
犬ヶ岬の岩や岸壁と良く合うコバルトブルーの綺麗な海

断崖絶壁に囲まれた見事な青い空間です。
犬ヶ岬の断崖絶壁に囲まれた見事な青い空間

手前の緑の田んぼも美しいです。
犬ヶ岬と手前の美しい緑の田んぼ

海の青と田んぼの緑のコントラストが素晴らしいです。
京丹後市の犬ヶ岬の素晴らしい海の青と田んぼの緑のコントラスト

さらに東へ進みます。見え方が変わってきます。
高画質 写真 犬ヶ岬 京丹後

今更ながら、なぜ海は青いのだと考えてしまいます。
なぜ海は青いのだと考えてしまうような犬ヶ岬沖の綺麗な日本海

途中、山で視界が遮られるところが出てきます。
しかし、進んでいくと突然視界が開けて綺麗な海が見えます。
進んでいくと突然視界が開けて現れる犬ヶ岬の綺麗な海

歩いていくとまた山で海が隠れます。しかし、突然絶景がやってきます。
歩いていると突然やってくる京丹後の犬ヶ岬の絶景

どこまでも続く綺麗な海と岬です。
Inugasali Kyotango Kyoto,Japan

マリンブルーの綺麗すぎる海です。
京丹後市のマリンブルーの綺麗すぎる海

岩に当たって弾け飛ぶ白波も美しいです。
犬ヶ岬の岩に当たって弾け飛ぶ美しい白波

この海はヤバい。綺麗すぎます。
京丹後の犬ヶ岬の綺麗すぎるヤバい海

もっともっとヤバい。京都にこんなところがあるのか・・・。
犬ヶ岬の京都とは思えない美しい日本海

緑豊かな海辺の隠れた絶景です。
犬ヶ岬の緑豊かな海辺の隠れた絶景

ちなみに後ろは車がビュンビュン走っているので注意しましょう。
車はおそらく止めるところが無いので、歩かないとこの写真は撮れないかも知れません。
歩かないと取れない犬ヶ岬と日本海の美しい景色

底まで透けてみえる青と緑の美しすぎる京丹後の海です。
底まで透けてみえる青と緑の美しすぎる京丹後の海

断崖絶壁に打ち寄せる細波です。
京丹後の犬ヶ岬の断崖絶壁に打ち寄せる細波

小さい砂浜のようになっているところもあります。
京丹後市の犬ヶ岬の小さい砂浜

穏やかに揺らめく透き通る海です。
京丹後の犬ヶ岬の穏やかに揺らめく透き通る海

京都どころか、日本ではないような雰囲気です。
Kyoto Kyotango Inugasaki and blue sea

犬ヶ岬と京丹後の海の素晴らしすぎる情景に感謝です。
犬ヶ岬と京丹後の海の素晴らしすぎる情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です