屏風岩 京丹後の綺麗な海に立つ岩の屏風と田んぼ

屏風岩 京丹後の綺麗な海に立つ岩の屏風と田んぼ

京都府京丹後市の丹後町筆石(ふでし)にある屏風岩と付近の海や田んぼなどです。

屏風岩は陸から離れて立っている岩で高さは13メートルほどあります。
平ぺったく屏風のような姿をしているから屏風岩と呼ばれます。そのままですが…。
屏風岩は京丹後の名所の一つになっており、近くに展望所のようなところもあります。

そして何より海が綺麗です。
また、海のみならず田んぼも綺麗であり、長閑で美しい海辺の風景が広がります。

2016年8月11日訪問、撮影です。

広告



屏風岩には「丹後海陸交通バス」(通称「丹海バス」)の「海岸線」または「丹後峰山線」の
「筆石(ふでし)」バス停が最寄です。
ただし、本数が少ないので事前に確認をしましょう。

あるいは夏から秋まで期間限定かつ土日祝のみ運行の「ぐるっと丹後周遊バス」(通称「ぐるたんバス」)の
「屏風岩」バス停が最寄です。
しかし、期間限定のバスですし、こちらも本数は少ないので事前確認をしましょう。

または時間に余裕があれば、もしくは歩く時間も予定に入れて海岸線を歩くというのも有りだと思います。
海や田んぼの綺麗な風景、犬ヶ岬の遠目からの景色などが楽しめます。

現に自分は「立岩」(京丹後の名所の一つ)最寄の「丹後庁舎前」バス停辺りから、
東へ向かって写真を撮りながらかなりの時間をかけて歩きました。

ちなみに立岩は海水浴客が多かったので写真は諦めて眺めるだけ眺めました。
海水浴シーズンが終われば立岩にも行く予定です。

立岩あたりから屏風岩へ向かって歩いていると、途中で海の街に出会えました。
丹後町竹野から丹後町筆石辺りです。いかにも海の街っていう感じのところです。
丹後町竹野から筆石辺りの海の街

さらに東へ歩いていくと海辺の見事な田園風景が現れました。
京丹後の海辺の見事な田園

綺麗な緑と日本海の景色がしばらく続きます。
田園の綺麗な緑と日本海の景色

田んぼの長閑な風景と空気が広がります。
京丹後の田園に広がる長閑な風景と空気

何もないところが素晴らしいです。
何もないのが素晴らしい京丹後の田園風景

爽やかで清々しい田んぼの緑と青い海です。
京丹後の爽やかで清々しい田んぼの緑と青い海

少し振り返ると日本海が開けています。
少し振り返ると開けている京丹後の日本海

京丹後の青い海と緑の田んぼの絶品の海辺の景色です。
青い海と緑の田んぼの京丹後の絶品の海辺の景色

屏風岩へ到着です。
高画質 写真 屏風岩 京丹後

屏風岩の説明

確かに屏風と言われれば屏風です。
確かに屏風と言われれば屏風に見える屏風岩

屏風に見えるかどうかは別として、とにかく海が綺麗です。
Byobu-iwa Kyotango Kyoto,Japan

海の色が凄いです。青と緑の透き通った海です。
青と緑の透き通った凄い色の海と屏風岩

確かに岩があんな形になるのは通常ではないように思います。
ちょっとだけ調べてみると(先ほどの説明版にもありましたが)、マグマが飛び出して固まった様です。
固まったマグマが硬いため、周りが長い年月をかけて削り取られたようです。

人間の及ばない自然・地球の力です。
屏風か屏風でないかとか小さいことを言ってしまった自分に反省です。
人間の及ばない自然や地球の力で出来た屏風岩

海に遮るものはありません。どこまでも続いていきそうです。
京丹後のどこまでも続いていきそうな遮るものがない海

海がこんな綺麗な色をしているのは本当なんだと改めて認識させられます。
特急に乗るかとかにもよりますが、京都市内から電車とバスで3時間ほど。
もっとみんな来たら良いのに、って思います。
こんな綺麗な色をしているのだと認識させられる京丹後の海と屏風岩

屏風岩や岸壁に当たる白波も綺麗です。
屏風岩や岸壁に当たる綺麗な白波

何時間でも眺めていられそうです。
何時間でも見ていられそうな京丹後市の屏風岩と青い日本海

少し進んで(東へ移動して)別の角度からです。遠めから眺めた屏風岩と京丹後の海です。
遠めから眺めた屏風岩と京丹後の海

太陽が反射して海が光っています。
太陽が反射して光る京丹後の海と屏風岩

屏風岩と京丹後の海の素晴らしい情景に感謝です。
屏風岩と京丹後の海の素晴らしい情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です