東本願寺 蓮 お堀を彩る華やかな蓮の花


東本願寺 蓮 お堀を彩る華やかな蓮の花

京都市下京区烏丸通七条上るにある東本願寺(ひがしほんがんじ)の蓮の花です。

東本願寺の蓮(ハス)は、南側の外堀にあります。
東本願寺の正面(東側)は大きな道路(烏丸通)になっていますが、南側に少し細い道があります。
そこのお堀に蓮がいっぱいあり、初夏から夏にかけてはピンクや白の蓮の花が咲きます。
広い場所ではありませんが、蓮の種類も多く華やかな彩りを楽しめます。

蓮は順番に咲くので全ての花が一気に見ごろ、満開をむかえることはほとんどありません。
年によってはそれに近い状態はあるようですが、なかなか難しいです。
その為、見ごろ時期にあわせて2回行きました。
本来は他の場所も含めて毎日行きたいのですが、もちろん現実問題として無理です。
行ける時に行けるだけ行っておきたい思います。

2回分をまとめて一つの記事にしようと思っていましたが、
意外と写真が多くなったため記事を分けました。
東本願寺のピンクと白の蓮の花(1回目の2017年7月7日)

2017年7月9日訪問、撮影です。

(※後日更新致します。
  写真が大量に溜まっているため、大きく遅れます。更新目処も不明です。
  更新する以上に新しい写真が入ってくるため、どんどん遅れていってます。

  ご了承下さいませ。申し訳ございません。

  更新情報はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスにてご確認いただけます。
  なお、一番新しい写真はインスタグラムにてご覧いただけます。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です