本能寺 銀杏と散り銀杏 京都を大火から守った火伏せの銀杏


本能寺 銀杏と散り銀杏 京都を大火から守った火伏せの銀杏

京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町にある本能寺の銀杏と散り銀杏です。

本能寺は織田信長の本能寺の変で有名ですが、
当時の本能寺は今の場所から西へ2キロほどの場所にあったとされます。

本能寺には「火伏せの銀杏」と呼ばれる樹齢400年とも言われる銀杏の巨木があります。
この銀杏は京都大火の際に、水を噴き上げて火災から人々や寺を守ったという伝説があります。
実際どうかは別として、その為「火伏せの銀杏」と言われているそうです。

しかも、この銀杏は、本能寺が以前の本能寺の場所にあった時に植えられ、
本能寺の変の後に現在地に移植されたとされています。
なお、2004年には京都市の保護樹にも指定されています。

この銀杏は信長公廊のすぐ側に立ち、大きく美しいです。
しかし残念なのが背景です。ビルやホテルなどと一緒にひしめき合っています。
無理なものは無理ですが、広い場所にあればいいなと思います。
散り銀杏も圧巻であり、銀杏の黄色い絨毯や通路が出来ます。
ビルと一緒に立っている現状からすれば、散り銀杏の方が綺麗かも知れません。

2016年11月28日訪問、撮影です。


本能寺(ほんのうじ)の説明・見所・アクセスなど


(後日更新致します。
 写真が大量に溜まっているため、いつ更新できるか分りません。
 申し訳ございません。

 ブログ更新はツイッター、フェイスブック、グーグルプラスでお知らせしています。
 なお、現在インスタグラムが一番早い写真更新です。)


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です