源光庵 紅葉 秋色にそまる悟りの窓と迷いの窓

源光庵 紅葉 秋色にそまる悟りの窓と迷いの窓

京都市北区鷹峯北鷹峯町にある源光庵(げんこうあん)の紅葉です。

源光庵は京都鷹峯の紅葉の名所です。
紅葉以外にも丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」や血天井などでも知られます。

京都市内にありますが、観光名所が多くある地域から少し離れており普段は人はまばらです。
しかし、秋の紅葉シーズンは団体客など含め多くの人がやってきます。

以前から秋のこの時期に来たかった場所ですが、なかなか来られませんでした。
今年ようやく紅葉が見ごろの時期に来られました。

山門を染める鮮やかな紅葉、本堂を彩る迫力の紅葉、
庭園の風情ある紅葉や美しい散りもみじ、
そして秋色に染まる悟りの窓と迷いの窓などが楽しめます。

2016年11月20日訪問、撮影です。


源光庵(げんこうあん)の説明・見所・アクセスなど


広告



表門付近の紅葉です。柔らかな紅葉につつまれています。常緑の木々も綺麗です。
柔らかな紅葉につつまれた源光庵の表門

表門付近の見事な散りもみじです。緑の苔の上に色とりどりの紅葉が散っています。
緑の苔の上の見事な色とりどりの散りもみじ

山門付近の真っ赤な紅葉です。
鮮やかに色づいています。手前にはススキもあります。
鮮やかに真っ赤に色づいた山門の紅葉とススキ

山門の欄干から見える絵になる紅葉です。情緒ある秋の光景です。
源光庵の山門の欄干から見える絵になる紅葉

良く色づいています。葉の密度も高く良い状態です。
葉の密度も高く良い状態の良く色づいた源光庵の紅葉

本堂と紅葉です。
丸く大きな紅葉が最高の見ごろをむかえています。
源光庵の本堂と最高の見ごろをむかえた丸く大きな紅葉

本堂前にある灯籠と紅葉です。今日も灯籠が大活躍です。
本堂前にある灯籠と紅葉

灯籠の間から見える鮮やかな紅葉です。絵になる秋の風景です。
絵になる灯籠の間から見える鮮やかな紅葉

鮮やかな色づきです。真っ赤な紅葉とオレンジの紅葉が優雅に賑わっています。
優雅に賑わう鮮やかな真っ赤な紅葉とオレンジの紅葉

空と伽藍を覆う見事な紅葉と佇む灯籠です。紅葉が溢れ出しています。
空と伽藍を覆う見事な紅葉と佇む灯籠

迫力の紅葉です。弾けんばかりの豪快な紅葉です。
源光庵の弾けんばかりの豪快で迫力の紅葉

庭園の紅葉です。風情たっぷりの秋の彩りです。
源光庵の風情たっぷりの庭園の紅葉

雄大な紅葉が庭園を華やぎます。苔やサツキの刈り込みの緑に紅葉が映えます。
苔やサツキの刈り込みの庭園を華やぐ雄大な紅葉

本堂横の紅葉と散りもみじです。鮮やかな圧巻の散りもみじです。
源光庵の本堂横の紅葉と圧巻の散りもみじ

緑の植物にも華やかな紅葉が散っています。見事な秋の空間です。
Kyoto Genko-an Temple autumn leaves

緑の苔を覆う色とりどりの散り紅葉です。華やかな秋の彩りです。
緑の苔を覆う色とりどりの散り紅葉

源光庵は大きなお寺ではありませんが紅葉の見所がいっぱいです。多彩な秋色で溢れています。
高画質 写真 源光庵 散りもみじ

有名な丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」の紅葉です。

一時期撮影禁止になっていましたが今は解禁されており撮影可能です。
ただし、以前撮影禁止になった理由が人の多さとマナーの問題なので、今後またいつ撮影禁止になるか分りません。
みんなでマナーを守って、マナー違反が原因で撮影禁止ならないようにしたいです。
有名な丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」の紅葉

四角い「迷いの窓」の紅葉です。華やかな紅葉が深い緑を彩っています。
四角い「迷いの窓」の紅葉

丸い「悟りの窓」の紅葉です。柔らかな秋色が溢れています。
丸い「悟りの窓」の紅葉

見る場所、角度によって見え方がかなり違ってきます。
高画質 紅葉 悟りの窓 迷いの窓 写真

秋色に染まる悟りの窓と迷いの窓です。
正面から見ると白壁が入ります。少し斜めから眺めると紅葉と緑が綺麗に入ります。
どちらが良いかと言うよりも好みの部分が大きいと思います。
少し斜めからが綺麗に見える源光庵の悟りの窓と迷いの窓の紅葉と緑

写真だけ見れば静まり返った感じですが後ろは大量の人でごった返しています。
ただ、後ろの大量の人は別として、実際風情があり落ち着いた雰囲気です。見事な秋のひと時です。
風情があり落ち着いた雰囲気の秋の悟りの窓と迷いの窓

源光庵の素晴らしい紅葉と秋の情景に感謝、感謝です。
源光庵の素晴らしい紅葉と秋の情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です