圓光寺 桜 石庭から望むピンクの桜と青空


圓光寺 桜 石庭から望むピンクの桜と青空

京都市左京区一乗寺小谷町にある圓光寺(えんこうじ)の桜です。

圓光寺は秋の紅葉で有名なお寺であり、秋はたくさんの人で賑わいます。
良く言えば賑わい、悪く言えば混雑します。
しかし、春の桜はあまり知られておらず、満開の時期でも人はまばらです。

石庭「奔龍庭(ほんりゅうてい)」に2本の立派なしだれ桜があります。
実際横の方にも桜がありますが、メインになるのは2本の桜です。
天気の良い青空の日には石庭とあわせて絵になる見事な春の情景が楽しめます。

2017年4月16日訪問、撮影です。


圓光寺(えんこうじ)の説明・見所・アクセスなど


広告



参道を進むとしだれ桜が見えます。
参道から見えるしだれ桜

石段の上に石庭「奔龍庭」があり、そこに立派なしだれ桜があります。
石段の上の石庭「奔龍庭」の立派なしだれ桜

空を染める春色のしだれ桜です。
空を染める春色のしだれ桜

龍をかたどった枯山水庭園「奔龍庭」としだれ桜です。
龍をかたどった枯山水庭園「奔龍庭」としだれ桜

奥に見えているのは「瑞雲閣(ずいうんかく)」です。
奥に見える「瑞雲閣(ずいうんかく)」

奔龍庭は見る場所、角度によって様々な見方ができます。
見る場所や角度によって様々な見方ができる奔龍庭

十牛之庭から眺めた奔龍庭と桜です。
十牛之庭から眺めた奔龍庭と桜

龍の頭と華やかなしだれ桜です。
龍の頭と華やかなしだれ桜

観音様としだれ桜です。
圓光寺の観音様としだれ桜

石庭の色合いとピンクのしだれ桜が良くあいます。
cherryblossoms Enko-ji Temple in Kyoto,Japan

青空がだいぶ出てきました。ピンクの桜にはやっぱり青空です。
青空がやっぱり合うピンクの桜

2017年の桜シーズンは雨や曇りが多かったので、待望の青空、貴重な青空です。
高画質 写真 圓光寺 桜

龍のしっぽなどの石の間から眺めた桜です。
龍のしっぽの石の間から眺めた桜

青空に華やかなピンクの桜が映えます。
青空に映える華やかなピンクのしだれ桜

奔龍庭の白砂は雲海に見立てているようです。
雲海に見立てられた奔龍庭の白砂

奔龍庭は敢えて一部未完のままだそうです。
残りの部分を見る人が頭や心の中で完成させる意図らしいです。
見る人が完成させるために敢えて一部未完のままの奔龍庭

ここの桜は特に青空が合います。合うというよりも青空が必要な桜です。
どの場所、どちらの方角から眺めるかにもよりますが、西向なので午前中の方が空が青く見えます。
西向なので午前中の方が青く見える空と桜

圓光寺は秋の紅葉は非常に有名です。見ごろの時期には混雑します。
しかし、桜の知名度はあまり高くなく、京都洛北の桜の穴場、隠れた名所と言っても良いでしょう。
ただし、いつまで穴場と言えるかは分りません。
数年で急激に知名度があがり、人が増えるということもよくあります。
京都洛北の桜の穴場の圓光寺

少し雲も出ていますが、爽やかな青空の絵になる春の情景です。
爽やかな青空の絵になる春の情景

圓光寺の素晴らしい桜と庭園、そして青空に感謝、感謝です。
圓光寺の素晴らしい桜と庭園と青空


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です