善能寺 紅葉 ひっそりと佇む秋色の祥空殿と仙遊苑

善能寺 紅葉 ひっそりと佇む秋色の祥空殿と仙遊苑

京都市東山区泉涌寺山内町にある泉涌寺塔頭寺院の善能寺(ぜんのうじ)の紅葉です。

善能寺の本堂である「祥空殿」は1971年(昭和46年)に起こった
北海道の航空機事故のご遺族が寄進したそうです。
庭園の「仙遊苑」は昭和の名作庭家である重森三玲が作庭しました。
飛行機や上空から地上を眺めた際の鳥瞰図(ちょうかんず)をイメージして作庭されたとされています。
また、境内には日本最古と伝えられる稲荷社もあります。

善能寺は京都の紅葉の隠れた名所、紅葉の穴場です。
秋の紅葉シーズンでも人がパラパラやってくる程度です。
近くの東福寺は人でごった返しますが、ここ善能寺はひっそりと静まり返っています。

苔に覆われた庭園「仙遊苑」を染める鮮やかな紅葉、祥空殿を彩る絵になる紅葉、
祥空殿横の池を覆う紅葉、稲荷社付近の風情ある紅葉などが楽しめます。

2017年11月22日および11月26日訪問、撮影です。
(2017年11月22日 @ 10:00)


泉涌寺(せんにゅうじ)の説明・見所・アクセスなど


広告



2017年11月22日分です。

ひっそりと佇む善能寺です。山門の奥には本堂と庭園が見えています。
ひっそりと佇む善能寺

善能寺の説明

山門の下から眺めた紅葉に色づく境内です。
山門の下から眺めた紅葉に色づく善能寺境内

本堂である「祥空殿」と鮮やかな紅葉です。
善能寺の本堂である「祥空殿」と鮮やかな紅葉

もう少し濃く色づきそうですが華やかな赤やオレンジの見事な紅葉です。
善能寺の華やかな赤やオレンジの見事な紅葉

静かな境内を彩る存在感ある立派な紅葉です。
善能寺の静かな境内を彩る存在感ある立派な紅葉

本堂の祥空殿から眺めた紅葉です。水は張ってませんが下は池泉式の庭園になっています。
善能寺の祥空殿から眺めた紅葉と池泉式の庭園

本堂前には淡い緑の見事な苔の築山があります。
善能寺の本堂前の淡い緑の見事な苔の築山

祥空殿から眺めた苔と紅葉の「仙遊苑」です。善能寺の庭園は「仙遊苑」と呼ばれます。
善能寺の祥空殿から眺めた苔と紅葉の「仙遊苑」

2017年11月26日分です。

山門の下から眺めた境内です。色付きがだいぶ進んでいます。
色づきが進む善能寺

稲荷社と鳥居を彩る淡い紅葉です。
善能寺の稲荷社と鳥居を彩る淡い紅葉

外側から眺めた稲荷社付近の空を覆う紅葉です。
外側から眺めた善能寺の稲荷社付近の空を覆う紅葉

祥空殿から眺めた鳥居と華やかなオレンジ色の紅葉です。
祥空殿から眺めた鳥居と華やかなオレンジ色の紅葉

彩りに流れのある上品な紅葉です。
善能寺の彩りに流れのある上品な紅葉

善能寺の稲荷社は日本最古の稲荷社とも伝えられます。
善能寺の日本最古と伝えられる稲荷社の紅葉

稲荷社付近から眺めた祥空殿と見ごろの紅葉です。
善能寺の稲荷社付近から眺めた祥空殿と見ごろの紅葉

深い色づきの圧倒的な存在感の紅葉です。
善能寺の深い色づきの圧倒的な存在感の紅葉

祥空殿から眺めた溢れる紅葉と池泉庭園です。水は張ってませんが・・・。
善能寺の祥空殿から眺めた溢れる紅葉と池泉庭園

雄大な紅葉が空を覆います。
善能寺の空を覆う雄大な祥空殿前の紅葉

祥空殿は北海道で起こった航空機事故のご遺族が寄進したそうです。
北海道で起こった航空機事故のご遺族が寄進した善能寺の祥空殿

色とりどりの鮮やかな紅葉につつまれる静かな秋の善能寺です。
高画質 写真 善能寺 紅葉

紅葉が苔の綺麗な仙遊苑を華やかに染めています。
仙遊苑は重森三玲が上空から地上を眺めた際の鳥瞰図(ちょうかんず)を想像して作庭したとされています。
重森三玲作の苔の綺麗な仙遊苑を染める華やかな紅葉

善能寺の素晴らしい紅葉と静かな秋の情景に感謝です。
善能寺の素晴らしい紅葉と静かな秋の情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です