天龍寺 ロウバイ・椿・サザンカ 冬の華やかな彩り


天龍寺 ロウバイ・椿・サザンカ 冬の華やかな彩り

京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある天龍寺(てんりゅうじ)のロウバイ、ツバキ、サザンカなどです。

2013年2月5日訪問、撮影です。


天龍寺(てんりゅうじ)の説明・見所・アクセスなど


広告



天龍寺の総門

天龍寺説明

勅使門横のおそらく山茶花(サザンカ)です。
山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)は非常に良く似ています。
また、山茶花、椿ともに様々な種類があるようです。
見分け方もいろいろあるようですが、正直、素人には見分けがつきません。
(もし、椿ならば申し訳ございません…。)
天龍寺の山茶花(サザンカ)(勅使門横)

嵐山の天龍寺の満開の山茶花

天龍寺の満開のサザンカ(勅使門横)

嵐山の天龍寺の見ごろの山茶花(サザンカ)

中門付近です。
天龍寺の満開のさざんか(中門付近)

見ごろのサザンカ

方丈・曹源池庭園の入り口に鬼瓦が飾ってあります。
天龍寺の鬼瓦

冬の曹源池(曹源池庭園)です。
天龍寺の曹源池

苔も見事です。苔にもいろいろな種類があるようです。
美しい苔

天龍寺の緑の苔

天龍寺の優美な苔

嵐山の天龍寺の優雅な苔

京都天龍寺の見事な苔

嵐山天龍寺の緑の美しい苔

綺麗な苔

世界遺産の嵐山の天龍寺の美しい苔

こちらは椿(ツバキ)です。(もし山茶花(サザンカ)ならばすいません…。)
天龍寺の椿

天龍寺のツバキ

嵐山の天龍寺の綺麗な椿の花

ロウバイです。蠟梅と書くようです。
「梅」とつきますが、梅とは別の種類の木のようです。
天龍寺の蠟梅(ロウバイ)

京都嵐山の天龍寺の綺麗な満開のロウバイ

黄色い満開のろうばい

天龍寺の満開の優美なロウバイ 2013年2月

嵐山の天龍寺の見ごろの美しいロウバイ

嵐山の天龍寺の黄色い満開のロウバイ 2月5日

ロウバイ 黄色 天龍寺 嵐山 冬

冬の嵐山の天龍寺満開の黄色いロウバイの花

天龍寺の満開の蠟梅

世界文化遺産の嵐山の天龍寺の黄色い満開のロウバイ

冬の京都天龍寺の満開の華やかなロウバイ


広告

  

コメント

  1. > いつもご訪問ありがとうございます。
    鬼瓦は普通は屋根にありますが、今回は飾ってありました。
    蠟梅は、花の少ないこの時期には特に目立ちます。

  2. 蝋梅は北野天満宮が有名だと思ってたのですがこちらにもあるのですか。
    山茶花と椿の区別は葉とおしべです。
    山茶花より椿の葉の方がとげとげがきついです。でもちょっと判りにくい。
    おしべの方が判りやすくて、おしべの根元までばらばらになっているのが山茶花、椿のおしべは根元が分かれていません。

    1. hige様。ご訪問およびコメントありがとうございます。
      これから椿と山茶花の季節がやってきますので、じっくり見てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です