のろせ海岸 冠島と沓島を臨む緑と岩の新井崎の海

のろせ海岸 冠島と沓島を臨む緑と岩の新井崎の海

京都府与謝郡伊根町新井(にい)にある新井崎(にいざき)付近ののろせ海岸です。

のろせ海岸はおおよそ北は泊(とまり)海水浴場付近から南は新井崎漁港付近までを言います。
ただし、もっと広範囲を指す場合もあるようです。

日本海に面した険しい断崖絶壁の景色や木々が生い茂った緑の向こうに見える青い海などが楽しめます。
また素晴らしい海岸の景色とともに、海に浮かぶ
冠島(かんむりじま)と沓島(くつじま)もあわせて見られます。

のろせ海岸へのアクセスは、丹後海陸交通バス(通称:丹海バス)の「伊根線、蒲入線、経ヶ岬線」の
「六万部」バス停(新井の北側)が最寄であり、ここから泊海水浴場までが徒歩10~15分位です。

2018年5月15日訪問、撮影です。

広告



泊(とまり)の砂浜、泊海水浴場です。小さな湾のようになっています。
小さな湾のようになっている泊海水浴場の砂浜

穏やかな海の北側は断崖絶壁になっています。
泊海水浴場の穏やかな海の北側の断崖絶壁

長い年月をかけて波に削られた険しく尖った岩です。
のろせ海岸の長い年月をかけて波に削られた険しく尖った岩

広くはありませんが美しい砂浜と海が広がっています。
美しい砂浜と海が広がるのろせ海岸の泊(とまり)

泊から南の新井崎(にいざき)方面へ向かいます。海にせり出す朽ち果てた気が何とも絵になります。
何とも絵になる海にせり出す朽ち果てた木

青い海を背景に岩場に松の木が佇んでいます。
青い海を背景に岩場に佇む松の木

岩に力強く根を張っています。
この悪環境の中でも松が育っています。ベランダの植物がなぜ枯れるのか不思議です。
悪環境と言いましたが、悪環境かどうかは人間が決めることではないのかも知れません。
海の岩場は良い環境でベランダの方が悪い環境なのかも知れません。
何であれ自然の中の凄い生命力です。
海の岩に力強く根を張る松の木

広がる青い海に大きな険しい岩が佇んでいます。
広がる青い海に佇む大きな険しい岩

遠くの海に浮かぶ「冠島(かんむりじま)」(右)と「沓島(くつじま)」(左)です。
冠島と沓島の住所は京都府舞鶴市になります。
のろせ海岸の遠くの海に浮かぶ「冠島(かんむりじま)」と「沓島(くつじま)」

冠島です。冠島は島全体が国の天然記念物に指定されています。
無人島であり島への立入は禁止されています。竜宮島や大島と呼ばれることもあるそうです。
島全体が国の天然記念物に指定されている無人島の冠島

沓島です。沓島は厳密には釣鐘島(北)と棒島(南)からなる二つの島です。
無人島であり立入が禁止されています。
釣鐘島(北)と棒島(南)からなる二つの島からなる無人島の沓島

さらに南へ進みます。まだまだのろせ海岸の険しい海岸線が続きます。
まだまだ険しい海岸線が続くのろせ海岸

美しすぎる青い海と力強く浮かぶ大きな岩です。
美しすぎる青い海と力強く浮かぶ大きな岩

さらに南の新井崎の方へ進むと岩の見え方や雰囲気も違ってきます。
先ほどは隠れて見えなかった小さな岩も見えてきます。
高画質 写真 のろせ海岸

海に浮かぶ険しい岩の島にも力強く緑が育っています。
力強く緑が育つ海に浮かぶ険しい岩の島

見事な青い海と沓島を臨む木々の生い茂った緑の断崖絶壁です。
見事な青い海と沓島を臨む木々の生い茂った緑の断崖絶壁

美しいコバルトブルーの海と長年波に削られた磯です。
美しいコバルトブルーの海と長年波に削られた磯

岸壁と険しい岩が続く新井崎付近ののろせ海岸です。
岸壁と険しい岩が続く新井崎付近ののろせ海岸

生い茂る木々などの緑の向こうに見える青い海と沓島です。
生い茂る木々などの緑の向こうに見える青い海と沓島

緑溢れる海岸線と広がる穏やかな青い日本海です。
のろせ海岸の緑溢れる海岸線と広がる穏やかな青い日本海

のろせ海岸の素晴らしい景色と情景に感謝です。
のろせ海岸の素晴らしい景色と情景

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です