妙蓮寺 芙蓉 夏の終わりを彩る花と庭園

妙蓮寺 芙蓉 夏の終わりを彩る花と庭園

京都市上京区寺之内通大宮東入る妙蓮寺前町にある妙蓮寺(みょうれんじ)の
芙蓉(ふよう)の花や庭園などです。

妙蓮寺は芙蓉(フヨウ)の名所です。
夏から初秋にかけて境内には白やピンク、赤などの色とりどりの芙蓉の花が咲きます。

また、複数の枯山水庭園があり、十六羅漢石庭(じゅうろくらかんせきてい)なども有名です。
白砂に岩と苔を配し周囲をサツキと杉の木で囲む上品で美しい庭園です。

妙蓮寺は街中にある穴場のお寺であり混雑することはほとんどありません。
静かにゆっくり拝観できます。

2017年9月7日訪問、撮影です。

広告



山門前の芙蓉の花です。
妙蓮寺の山門前の芙蓉の花

鮮やかな赤色の芙蓉の花です。
妙蓮寺の鮮やかな赤色の芙蓉の花

鐘楼付近の芙蓉です。
妙蓮寺の鐘楼の芙蓉

華やかな白い芙蓉の花です。
華やかな白色の芙蓉の花

可愛いピンクの芙蓉の花です。
可愛いピンクの芙蓉の花

雨に濡れた芙蓉の花です。
雨が降ったり止んだりの天候でした。時おり強く降りました。
雨に濡れた妙蓮寺の芙蓉の花

妙蓮寺は京都の芙蓉の名所です。
京都の芙蓉の名所の妙蓮寺

山門から鐘楼、本堂や庭園に至るまでの参道に色とりどりの芙蓉が咲きます。
山門から鐘楼や本堂に至るまでの参道に咲く妙蓮寺の色とりどりの芙蓉

芙蓉の花はパラパラ咲くため、一面が花に覆われるということはありません。
Gorgeous flowers called Fuyo of Myorenji-Temple in Kyoto,Japan

満開ですがまだまだ蕾も多いです。見ごろはもう少し続きそうです。
高画質 写真 芙蓉の花 妙蓮寺

本堂前の芙蓉の花です。
妙蓮寺の本堂前の芙蓉

華やかな芙蓉の花がいっぱいです。
妙蓮寺のたくさんの華やかな芙蓉の花

緑の葉の上で揺らめくピンクの芙蓉の花です。
緑の葉の上で揺らめくピンクの芙蓉の花

花びら一枚一枚は繊細で見事な色合いです。
花びら一枚一枚は繊細で見事な色合いのフヨウの花

深い緑の葉に映える鮮やかなピンクの芙蓉の花です。
深い緑の葉に映える鮮やかなピンクの芙蓉の花

芙蓉の花は、良く見ると花の中心(花柱?柱頭?)が全て上を向いています。
良く見ると花の中心が全て上を向く芙蓉の花

爽やかに咲き誇る白い芙蓉の花です。
爽やかに咲き誇る白い芙蓉の花

鮮やかで妖艶な赤い芙蓉の花です。
妙蓮寺の鮮やかで妖艶な赤い芙蓉の花

圧倒的な存在感を放つ鮮烈な色合いの芙蓉の花です。
圧倒的な存在感を放つ鮮烈な色合いの芙蓉の花

続いて妙蓮寺の庭園です。

まずは中庭です。小さいですが中身の濃い庭園です。
中身の濃い妙蓮寺の中庭

もう一つの中庭です。風情たっぷりの中庭です。
風情たっぷりの妙蓮寺の中庭

飛び石や緑が美しいです。落ち着きもあります。
飛び石や緑の美しい落ち着きのある妙蓮寺の中庭

「十六羅漢石庭(じゅうろくらかんせきてい)」です。
前回訪れた時は、サツキがちょうど剪定後で茶色になっていましたが今回は見事な緑色です。
妙蓮寺のサツキの緑が綺麗な十六羅漢石庭(じゅうろくらかんせきてい)

しかしっ!!今回はニャンコが石庭で遊んだらしく、足跡がいっぱいです・・・。
まぁ、猫ちゃんのすることだから仕方ありません。人なら許せませんがニャンコなので何となく笑えます。
猫の足跡がいっぱいついた妙蓮寺の十六羅漢石庭

足跡は別として素晴らしい石庭です。真っ直ぐに伸びた杉の木も素晴らしいです。
真っ直ぐに伸びた杉の木も素晴らしい十六羅漢石庭

燈籠も手水鉢も風情があって良い感じです。
風情ある燈籠と手水鉢のある十六羅漢石庭

上品で見ごたえのあるお庭です。
今回もお寺の方にいろいろ教えていただき良くしていただきました。
A garden called Jyuroku-Rakan-Sekitei of Myoren-ji Temple in Kyoto,Japan

この十六羅漢石庭の花はサツキが中心かと思っていたら、お寺の方が他の花も咲くと教えてくれました。
非常に奥の深い石庭です。その花が咲くころにも来てみたいです。
非常に奥の深い妙蓮寺の庭園の十六羅漢石庭

素晴らしい妙蓮寺の芙蓉の花や庭園、そしてお寺の方に感謝です。
素晴らしい妙蓮寺の庭園

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です