マリベル 京都 お洒落で豪華なチョコレートの宮殿

マリベル 京都 お洒落で豪華なチョコレートの宮殿

京都市中京区柳馬場三条下る槌屋町にある「MarieBelle(マリベル) 京都本店」さんです。

マリベル京都本店は、ニューヨークからやって来たチョコレート専門店、
芸術的でお洒落なチョコレートのお店として有名です。

2015年8月12日訪問、撮影です。

入口です。京町家を改装した造りになっています。
京町家を改装したマリベル京都本店

広告



Confectionery art! Chocolate Palace in Kyoto “MARIEBELLE Kyoto” Flagship Store
Click here for an English article(英語翻訳記事)
kikou JAPAN

少し派手な入口の扉から京都っぽい長い通路が続きます。
京都っぽい長い通路が続くマリベル

一歩は入ると京都の街中とは思えない異空間です。
京都の街中とは思えない異空間

入口付近にお洒落なチョコが飾ってあります。
マリベル入口のお洒落なチョコ

反対側(お店側)から見た通路です。
マリベルの入口の通路

和と洋のコラボした長い通路が続きます。下は石畳になっています。
石畳の和と洋のコラボした長い通路

店内、内観です。まるで宮殿のような装飾です。
(※お店の方の許可をいただき撮影しております。ただ、普通に撮影はして問題ないようです。)
マリベルの宮殿のような内観

見ているだけで楽しくなるチョコのお店です。
見ているだけで楽しくなるチョコのお店

いろんな種類のお洒落なチョコがいっぱいです。
いろんな種類のお洒落なチョコがいっぱいのマリベル

上品かつ豪華な店内です。このお店だけを目当てに京都に行っても良いと思います。
マリベルの上品かつ豪華な店内

全てが豪華でお洒落です。京都の街の中にある別世界です。
京都の街中にある別世界の豪華でお洒落なマリベル

見ていて飽きないニューヨークからやって来たお店です。
見ていて飽きないニューヨークからやって来たお店

楽しさと可愛いさ無限に広がる店内です。
楽しさと可愛いさ無限に広がる店内

チョコは当然、クッキーなどいろんな甘いものが揃っています。
チョコやクッキーなどいろんな甘いものがあるマリベル

正直どれもちょっと高いです。
でもそんなのどうでも良いです。見てるだけで楽しいです。買わなくても十分楽しめるお店です。
買わなくても十分楽しめるマリベル本店

チョコ好きには当然、チョコが嫌いな人でも楽しいお店です。
まぁ、チョコが嫌いな方などいないと思いますが・・・。
高画質 写真 マリベル 店内

チョコ自体だけではなく、ケースや入れ物もお洒落です。プレゼントにも良いお店です。
プレゼントにも良いケースや入れ物のお洒落なマリベル

お店正面の芸術的なショーウインドウです。
マリベルの芸術的なショーウインドウ

チョコレートの表面に絵が描かれています。
表面に絵が描かれたマリベルのチョコレート

可愛い絵、綺麗な絵、いろんな絵が描かれています。どれも繊細です。
可愛い絵や綺麗な絵が描かれた繊細なチョコレート

スイーツなどもあります。スイーツもやはりお洒落です。
マリベルのお洒落なスイーツ

絵の描かれたチョコはデザインごとに味が違います。
デザインごとに味が違う絵の描かれたチョコレート

たくさんの種類があります。これはヤバい・・・!
高画質 マリベル チョコレート 写真

我慢できずに2個セットのチョコレート(バナナとシャンパン味)(税込1,350円)をいただきました。
我慢できずに購入してしまうマリベルのチョコレート

販売だけでなくカフェもあります。待ち時間が出ていることも多いです。
待ち時間のでるマリベルのカフェ

マリベルの紙袋です。
マリベルの紙袋

チョコレートの種類や味が載ったしおりが入っています。
チョコレートの種類や味が載ったしおり

外箱です。箱が既にお洒落です。
マリベルのお洒落な外箱

シャンパン味(左)とバナナ味(右)のチョコレートです。
高いだけあってさすがに美味しいです。
別に高ければ美味しい、安ければ美味しくない、と言うものでもありませんが・・・。

思った以上に柔らかいです。少しサクッとした食感もあります。
味は濃厚でそれぞれの本来の味(バナナなど)もしっかりしています。

見るだけも良し、食べるも良しのお店です。
シャンパン味とバナナ味のチョコレート

MarieBelle(マリベル)ホームページ

『マリベル 京都本店』を Google 検索

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です