舞鶴港 夕焼け 黄昏時の舞鶴湾の幻想的な空と海

舞鶴港 夕焼け 黄昏時の舞鶴湾の幻想的な空と海

京都府舞鶴市浜から眺めた東舞鶴港の夕焼けです。

舞鶴ちゃったまつり花火大会が始まるのを待っていると夕焼けが出ました。
場所は舞鶴市五条海岸、与保呂川(よほろがわ)河口の西側です。住所としては舞鶴市浜です。
そこから眺めた舞鶴港(東舞鶴港)の夕暮れ時、黄昏時の空です。

夕焼けは晴れすぎているよりも大気が不安定だと出るように思います。
台風第12号が過ぎ去った後の幻想的な夕焼け空、不思議な夕焼け空です。
空が焼けるとともに雲が淡く、場所によっては鮮やかに色づきます。
花火前に素晴らしい空と海が楽しめました。

2018年7月29日訪問、撮影です。

広告



日中の青空と雲が綺麗な舞鶴東港です。
舞鶴市立前島みなと公園テニスコート付近からの眺めです。花火打ち上げ場所の向かい側です。
本当はこの場所から花火も見たかったのですが、直前に観覧禁止場所として移動させられました・・・。
青空と雲が綺麗な舞鶴東港

与保呂川(よほろがわ)河口の少し西側付近の舞鶴市五条海岸から眺めた夕暮れ時の舞鶴東港です。
舞鶴市五条海岸から眺めた夕暮れ時の舞鶴東港

台風が過ぎ去った後の不思議な色合いの舞鶴湾の空です。
台風が過ぎ去った後の不思議な色合いの舞鶴湾の空

空と雲が焼けています。オレンジ色の雲もあれば黒い雲もあります。
空と雲が焼ける夕暮れの舞鶴港

気圧が不安定な方が濃い夕焼けや幻想的な夕焼けが出るように思います。
気圧が不安定な時に出る濃く幻想的な舞鶴港の夕焼け

時間が経つにつれて空の色合いが変わってきます。
高画質 写真 夕焼け 舞鶴港

オレンジ色から淡いピンク色へと空や雲が変化して行きます。
オレンジ色から淡いピンク色へと変化していく舞鶴湾の空と雲

黄昏時の幻想的な舞鶴港です。
黄昏時の幻想的な舞鶴港

西の方は濃く焼けて色づいています。
西の方は濃く焼けて色づく舞鶴湾

海面も夕焼け空を映してオレンジやピンク色に染まっています。
夕焼け空を映してオレンジやピンク色に染まる舞鶴港の海面

花火前の素晴らしい舞鶴港の夕焼けです。
花火前の素晴らしい舞鶴港の夕焼け

日が沈んで行き空が紺色、葵色になってきます。夜の帳(とばり)が下り始めます。
 夜の帳が下り始め空が紺色や葵色になる舞鶴港

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です