五山送り火 夏の夜空を灯す風物詩 東山如意ケ嶽の大文字


五山送り火の東山如意ケ嶽の燃え上がる大文字

2015年8月16日の京都五山送り火です。

京都の夏を代表する風物詩の一つです。
五山送り火は単なる山焼きではなく、
お盆に帰ってきた先祖の魂・精霊を再びあの世に送り出すという宗教的行事です。

賀茂川(鴨川)西岸の出雲路橋と北大路橋の間の紫明通付近で見ました。
五山送り火スポットの賀茂川(鴨川)にかかる出雲路橋 2015年8月16日

広告



五山送り火スポットの賀茂川(鴨川)にかかる北大路橋 2015年8月16日

当初、「大文字」の他、「妙・法」「舟形」も見ようと思っていました。
しかしそれが失敗でした。

確かにビルの隙間から「妙・法」が見えました。
また北大路橋を渡り、賀茂川の東岸からは「船形」の上の方が見えました。
しかし、どちらも見る分には十分見えますが、写真を撮って映えるほどには見えません。

「妙・法」はビルが邪魔するし、「船形」は下の方が木で見えません。
「大文字」を撮った後、「妙・法」もしくは「舟形」の全部見える場所を探して
うろうろしている間に火が消えてしまいました。

欲張って2つも3つも撮ろうとせず、1つに絞れば良かった気がします。
「大文字」ももっと良い場所がありましたが、
2つ目3つ目を見るための場所移動のことを考えてぎりぎりの場所で撮りました。

今年は良い勉強になりました。
全部しっかり撮るには5年かけないといけないようです。

結局何とか撮れたのは東山如意ケ嶽の大文字だけでした。

その大文字の様子です。まだ明るいときです。
五山送り火_東山如意ケ嶽の大文字(夕方)_2015年8月16日-0002

五山送り火_東山如意ケ嶽の大文字(夕方)_2015年8月16日-0007

午後8時になって火が灯りました。
端から点くのではなく、「大」の字全体に火が点きだします。
五山送り火の東山如意ケ嶽の燃え始めた大文字 2015年8月16日

五山送り火の東山如意ケ嶽の一気に燃え出した大文字 2015年8月16日

点きだすと早く、一気に燃え上がります。
五山送り火の東山如意ケ嶽の夜空を焦がす大文字 2015年8月16日

むっちゃ燃えてます。煙も凄いです。
五山送り火の東山如意ケ嶽の大文字 2015年8月16日

厳かな雰囲気もあります。
五山送り火の東山如意ケ嶽の夏の夜空を灯す大文字 2015年8月16日

来年また機会があればどれか1つに絞るか、
思いっきり遠くから夜景と一緒に見たいと思います。

『五山の送り火』を Google 検索


広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です