大悲閣 千光寺 京都嵐山の秘境 山と空と川と青もみじの絶景

LINEで送る
Pocket

京都嵐山の秘境 大悲閣 千光寺から眺める空と緑と青もみじの絶景

京都市西京区嵐山中尾下町にある大悲閣 千光寺です。

大悲閣からの眺めは絶景です。
超人気観光名所の嵐山の秘境、穴場です。

2015年10月6日訪問、撮影です。


大悲閣 千光寺(だいひかく せんこうじ)の説明・見所・アクセスなど

渡月橋・桂川・保津川・大堰川の説明・見所・アクセスなど

広告



Enjoy Beautiful Nature In this Hidden Scenic Spot: Daihikaku Senkouji Temple In Kyoto
Click here for an English article(英語翻訳記事)
kikou JAPAN

渡月橋の南側、保津川(桂川)の南側を保津川沿いに西へ進みます。
なお、桂川のうち、亀岡市保津町請田から京都市嵐山までを保津川と通称されるようです。

保津川(桂川)の様子です。
京都嵐山の保津川(桂川) 2015年10月6日

京都嵐山の保津川(桂川)

京都嵐山の保津川(桂川)と青もみじ

京都嵐山の保津川(桂川)と青もみじと舟

保津川の鴨さんです。
京都嵐山の保津川(桂川)の鴨 2015年10月6日

京都嵐山の保津川(桂川)の鴨

大悲閣 千光寺の参道の入口です。山道、階段を登っていきます。
「絶景」「GREAT VIEW」と書かれています。
京都大悲閣 千光寺の参道

京都嵐山大悲閣 千光寺の説明

京都嵐山の秘境の大悲閣 千光寺の参道

京都嵐山の大悲閣 千光寺の参道と青もみじ

参道の途中に嵐山観音さんがいます。
京都嵐山大悲閣 千光寺の嵐山観音さん

しばらく行くと大悲閣が見えてきます。青もみじが綺麗です。
京都嵐山の大悲閣 千光寺と青もみじ

山門です。
京都嵐山の秘境の大悲閣 千光寺の山門と参道

山門を抜けると鐘楼があります。
一人三回まで自由に鐘をついて良いようです。
鐘をつくと山全体に響くような感じです。
京都嵐山の秘境の大悲閣 千光寺の鐘楼

京都嵐山大悲閣 千光寺の鐘楼と青もみじ 2015年10月6日

拝観受付を済まして大悲閣(客殿)に上ります。
そこには絶景が広がっています。
京都嵐山の秘境の大悲閣 千光寺から眺める絶景

緑の山に天に広がった空。下には保津川。遠くは東山、京都市街まで見渡せます。
何より風が心地よく清々しいです。
京都嵐山の大悲閣 千光寺ら眺める絶景の緑と空と青もみじ 2015年10月6日

京都嵐山の大悲閣 千光寺から眺める絶景 2015年10月6日

京都嵐山の大悲閣 千光寺から眺める緑と空の絶景

遠くに見える大文字山と京都市街です。
京都嵐山大悲閣 千光寺から眺める大文字山

分かりづらいですが清水寺も見えます。
京都嵐山の大悲閣 千光寺から眺める清水寺

京都タワーと京都市街です。
一部には京都タワーは今は見えないと記載されていますが、
大悲閣の向かって左の端のからは肉眼でも京都タワーが見えます。
京都嵐山の秘境の大悲閣 千光寺から眺める京都タワー

下には保津川が流れています。時折、舟が通ります。
京都嵐山の大悲閣 千光寺から眺める保津川(桂川) 2015年10月6日

京都嵐山の秘境の大悲閣 千光寺から眺める保津川(桂川)

大悲閣から眺める広がる空と雲です。
京都嵐山の大悲閣 千光寺から眺める空

京都嵐山の秘境の大悲閣 千光寺から眺める絶景の空

直ぐ下の鐘楼付近では綺麗な青もみじが見られます。
京都嵐山大悲閣 千光寺の青もみじ

京都嵐山大悲閣 千光寺の青もみじ 2015年10月6日

京都嵐山大悲閣 千光寺の青もみじ

京都嵐山の大悲閣 千光寺の青もみじ 2015年10月6日

大悲閣(客殿)にあるそろばんの三重塔です。
京都嵐山の大悲閣 千光寺のそろばんの三重塔

気持ちが良くて何時間でもいられる場所です。
京都嵐山大悲閣 千光寺から眺める絶景 2015年10月6日

京都嵐山大悲閣 千光寺から眺める絶景

京都嵐山の秘境、隠れた絶景です。
京都嵐山の秘境の大悲閣 千光寺から眺める絶景の緑と空

LINEで送る
Pocket

広告

  

コメント

  1. 素晴らしい写真で感動致しました。以前そろばん寺でそろばん供養もされておりましたそうです三重の塔そろばんで作られ寄贈者と致しまして感謝いたします。そのほか255桁希少価値のツゲ玉そろばんも納めておりますのできかいがあれば写真を公開していただければ幸せでございます。よろしくお願いいたします。

    1. 久下五十鈴様。
      ご訪問およびコメントをいただきありがとうございます。
      そうだったんですね。これは驚きです。
      今ある写真は公開しているのみですが、またいずれ拝観させていただくかと思います。
      その際はツゲ玉そろばんも写真を撮らせていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です