大雨特別警報発令 氾濫しそうな危険な京都鴨川

大雨特別警報発令 氾濫しそうな危険な京都鴨川

京都市を流れる鴨川の増水した様子です。

普段は長閑で美しい鴨川ですが2013年9月16日は台風18号の影響で大雨が降り続き、
氾濫しそうなくらいに増水して危険な状態となりました。
京都府には大雨特別警報も発令されました。

広告



こちらは普段ののどかな鴨川です。四条(左側:上流)~五条(右側:下流)の風景です。

2012年11月25日撮影です。
四条から五条の紅葉の時期の長閑な鴨川

2013年6月21日撮影です。
四条から五条の夜の長閑な鴨川

2013年9月15日より台風18号の影響で大雨が降り続きました。

2013年9月16日深夜0時頃の様子です。水位がどんどん上昇して行き流れも速いです。
水位がどんどん上昇して行き流れも速い鴨川

鴨川の手前(西側)は分流のみそそぎ川です。鴨川とみそそぎ川の間は普段は憩いの場です。
台風18号の大雨で増水した鴨川

そのみそそぎ川にも水が溢れ出しています。
そのみそそぎ川にも水が溢れ出す鴨川

2013年9月16日深夜1時頃の様子です。

鴨川からみそそぎ川に水が溢れ出し境目が無くなってきました。
みそそぎ川との境目が無くなってきた2013年の増水した鴨川

こうなるとジョギングや鴨川名物のカップルの「等間隔」もできなくなってしまいます。
ジョギングや鴨川名物のカップルの「等間隔」もできなくなる鴨川

どんどん水の量が増えて行きます。
台風18号の大雨でどんどん水の量が増えて行く鴨川

川の流れも速く大量の水が迫ってきます。
川の流れも速く大量の水が迫る鴨川

9月16日深夜2時頃の様子です。

大雨は降り続きます。水位はさらに増し流れも激しくなってきました。
大雨が降り続き水位はさらに増した深夜の鴨川

ジョギングや「等間隔」どころではなく川辺はだんだん危険になってきました。
川辺がだんだん危険になる2013年の増水した鴨川

向こう岸の歩道は完全に水に浸かってしまっています。
向こう岸の歩道は完全に水に浸かってしまった鴨川

どんどん水かさが増していき溢れそうです。
台風18号の大雨でどんどん水かさが増していき溢れそうな2013年9月16日の鴨川

音を立ててうねる鴨川です。
音を立ててうねる増水した鴨川

床の直ぐ側まで水位が迫ってきています。
床の直ぐ側まで水位が迫ってきている鴨川

今にも氾濫しそうな位に水が溢れています。
今にも氾濫しそうな位に水が溢れる鴨川

9月16日早朝6時頃の様子です。

夜は明けましたが大雨は降り続けます。水の量が凄いことになっています。
高画質 写真 鴨川 氾濫

京都府には大雨特別警報というのが発表されました。かなり危険です。
高画質 大雨特別警報 鴨川 写真

この日は電車もバスも止まってしまいました。
大雨特別警報が発令された京都府の氾濫しそうな鴨川

川床もどこまで耐えられるか分りません。
どこまで耐えられるか分らない大雨特別警報の発令された京都の鴨川

丸太や木などが流されてきます。
丸太や木などが流されてくる台風18号の大雨で増水した2013年の鴨川

水位がギリギリのところまで来ています。今にも氾濫しそうです。
水位がギリギリのところまで来て今にも氾濫しそうな鴨川

流れも激しく危険です。音も凄いです。
流れも激しく危険な音も凄い鴨川

こちらは2013年5月30日撮影の普段の鴨川と川床です。
普段の穏やかな鴨川と川床

2013年9月16日の大雨で増水した鴨川です。全く別の場所のようです。
2013年9月16日の増水した全く別の場所のような鴨川

普段の穏やかな鴨川からも想像もつかない危険な光景です。
普段の穏やかな鴨川からも想像もつかない危険な光景の鴨川

物凄い量の茶色い水が流れて行きます。
物凄い量の茶色い水が流れて行く鴨川

その後雨はようやく小康状態に入りました。何とか氾濫せずに持ちこたえてくれました。

9月16日20時頃の様子です。だいぶ水位は戻りましたがまだまだ流れは強いです。
だいぶ水位は戻るもまだまだ流れが強い鴨川

流されてきた丸太や木が残っています。
流されてきた丸太や木が残る鴨川

自然の驚異にさらされた2013年9月16日の鴨川です。
自然の驚異にさらされた2013年9月16日の鴨川

広告

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です